2018年7月13日金曜日

大迫高校通信7月号 (7月13日)

大迫高校通信6月号を発行しました。
1面 校内球技大会の様子
2面 「介護福祉」実習体験、吹奏楽コンクール中央地区大会、中高連絡会 他


画像をクリックして拡大してご覧いただくか、下記のホームページからPDF形式でご覧ください。
大迫高校通信:http://www2.iwate-ed.jp/ooh-h/leaflets.html









2018年7月11日水曜日

いのちの尊さ、大切さ教室 (7月11日)

本日、6校時LHRの時間を利用して 「いのちの尊さ、大切さ教室」を実施しました。
犯罪被害の実態や命の大切さについて理解を深め、規範意識の向上と被害者も加害者も出さない安全で安心な町づくりを志すことを目的に、被害者遺族 下田 芳枝さんを講師として「は安西被害者の思い」と題して講演をしていただきました。

下田さんは、平成15年6月に、路線バスによる交通事故で当時6歳のご長男を亡くされ、その当時の辛い気持ちや家族が抱えた辛く消えない記憶に今でも心を痛めていることなどを話してくださいました。

改めて、犯罪を犯してはいけないこと、罪を犯してしまったときの被害者に対する誠実な対応が必要であること、また、犯罪のない社会を作っていくことの大切さを、下田さんの一言、一言の重い言葉から生徒達はしっかりと考え、理解してくれたと思います。

貴重なお話をしていただきありがとうございました。

2018年7月10日火曜日

大迫中高連絡会 (7月10日)

毎年7月に行われている、大迫中高連絡会が本校を会場に開催されました。
大迫中学校と大迫高等学校が、相互に情報交換し連携を図ることを目的として、永年に渡り実施されている取り組みです。
最初に各学年の授業を参観していただき、その後、連絡会を実施しました。
連絡会では、授業・学習についての意見交換、大迫中学校からの入学生の様子や現中学校3年生の様子について情報交換を行いました。
 <1年生授業参観の様子>
<意見交換・情報交換>

これからもこの地域の子供達の教育に連携して取り組んで行きたいと考えます。
中学校の校長をはじめ、多くの先生方のご参加をいただき、誠にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

2018年7月9日月曜日

プール清掃 (7月9日)

本格的な夏を前に、プール清掃を行いました。
全員で協力して、1年間たまったゴミやコケをしっかりと取り除き、きれいなプールに仕上げます。




いよいよ、夏本番です。
きれいになったプールで早く泳ぎたいですね。

2018年7月8日日曜日

神楽の日ボランティア (7月8日)

毎月第2日曜日に大迫交流活性化センターで開催されている「神楽の日」。
7月8日(日)は、本校の学芸部神楽班が指導を受けている早池峰神楽大償神楽の公演が行われました。

<大迫交流活性化センター>

「神楽の日」には、ステージの準備、照明、受付などの仕事に神楽班の生徒がボランティアスタッフとして参加しています。
 <照明スタッフ>
<受付スタッフ>

観客の中には、若い方や子供達の姿も多く見られ、神楽に対する関心の高さを感じました。
間近で見る神楽は、やはり迫力が違います。
これからも多くの方々に見ていただきたいと思いました。
(演目の撮影は禁止されておりますので様子をお伝えすることはできません。是非、足を運んでいただければと思います。)
https://www.city.hanamaki.iwate.jp/kanko/704/p008662.html
<画像をクリックすると、花巻市の紹介ページが表示されます。>


ボランティアスタッフの生徒の皆さんも大変お疲れ様でした。



2018年7月7日土曜日

全日本吹奏楽コンクール岩手県中央地区大会 (7月7日)

平成30年度第56回全日本吹奏楽コンクール岩手県中央地区大会が、花巻市文化会館を会場に行われました。
本校は、高等学校小編成の部に出場しました。
少ない人数でのチャレンジでしたが、リズミカルな素晴らしい演奏を聴かせてくれました。



リハーサルの様子
大会会場
演奏を終えて

お疲れ様でした。


2018年7月4日水曜日

芸術鑑賞 (7月4日)

7月4日(水)、花巻市文化会館大ホールにて、花巻東高校との合同による芸術鑑賞会を実施しました。
今年の公演は、太鼓芸能集団「鼓童 ~交流学校公演~」です。
迫力のある太鼓の演奏に生徒達は、引き込まれていました。
後半には、代表生徒も参加して太鼓の共演を行いました。





代表の中には、学芸部神楽班の生徒もおり、リズム感はピカイチでした。
とても良い経験をさせていただきました。
楽しい時間を過ごすことができました。


ありがとうございました。